Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―

宝塚-花組 / 風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―

ドラマシティ公演のOH! Edo Night Show「風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―」を先日見てまいりました。
なんだか冠からしておかしい感じなので(OH! Edo Night Show)、きっとアホな面白い話に違いない!と思って期待に胸膨らませて見てまいりましたが、想像以上に楽しく、そしていい話で良かったです。休んでいった甲斐がありましたね!(平日しか取れなかった)

義賊ねずみ小僧と、ぶらぶらしている武家のお兄ちゃん金さんとが友情を育みつつ、ねずみ小僧を捕まえようとする岡っ引きに謎の奇術師、そしてねずみ小僧に仕立てあげられた不幸な奉公人さんと、いろいろ盛りだくさんのお話でした。アニメっぽい宝塚、やっぱり好きだわぁ(笑)。

あんまり事前に情報を仕入れないで見に行ったので(今回はそのほうが楽しめそうだし)、そして最近誰が誰だかわかんなくなってきてるので前半は誰が誰だか!でしたが、誰が誰だか!でもテンポよくどたばたどたばたと楽しくて、本当におもしろかったです。

二枚目半の主人公次郎吉が、ちょっとした時に見せる本気が格好いいんですよね。OPも格好いいし(幕間ですでに脳内がヘイヘイヘイ)、EDの歌謡曲というか演歌も。さすが北翔さま。ダブルヒロインの幸ちゃんもあやめさんも気が強くて可愛く、そして見せ場があって!前々から仙名さんの歌声は歌のお姉さんっぽいなぁとおもってましたが、この公演でそれを確信しました。歌のうまい人はいいものです……。
じゅりあ様の薄幸の花魁も素晴らしく、○○○○設定がこれまた!もっと引っ張るのかと思えばからっとその辺り流しちゃいましたが、このさっらっとさもある意味良いかもしれません。娘役さんであとおもしろかったのは空気を読まない武家のご令嬢。我が道をいく武家の令嬢のおとぼけぶりがすばらしく、そしてあの恋に落ちた瞬間が楽しく、王道!王道!これは王道!とニヤニヤしながら見てしまいました。
そして、今回思わぬ伏兵が……花組にはゆずかれーさんがいるというのに、今回もゆずかれーさんは麗しくて勝手に視線が釘付けになったというのに、それ以上に私の視線を掴んで離さない存在が……それは、瀬戸かずやさん!あの着流しボンボンははんそくすぎるかっこいいなにあれ本当にねらっているというかあのぎゃっぷがたまらんいいもの見せてくれてありがとう。

今回は多くの登場人物に見せ場があってすごく楽しくて、笑えて泣けていい話だったなぁと思いました。楽しかった!

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-花組 / 風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―

Search
Feeds
Meta

Return to page top