Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-月組 / 1789-バスティーユの恋人たち-

宝塚-月組 / 1789-バスティーユの恋人たち-

月組さんのフランス革命ものの新作を見てきました。海外ミュージカル初日本上演で、小池さんが作演出と聞いてこれは面白くないはずがない、と楽しみにしていましたが、想像どおりとても楽しい公演でした。

楽しみにしていたというわりには、主人公の龍さんが革命側で、愛希さんがマリー・アントワネットでというところしかチェックせず(いつもこんな感じ)、いわゆる物語上のヒロインポジションの娘役さんが新進気鋭の娘役さんで役替りということを幕間に知ったほどなんの事前情報も仕入れずに見に行きました。おフランスのミュージカル!といわれればそんな感じかなーと想わせるような笑いありロマンありの緩急があるジェットコースター展開でした。

女性陣の衣装が可愛かったなぁ。特にオランプちゃん(ヒロインポジション)のシンプルながら清楚なドレスがかわいかったー。マリー・アントワネット様はさすがにゴージャスで、さすが愛希さん!と惚れ惚れしてしまう貫禄。しかし、最初のマリー・アントワネット様の登場シーンは腹筋への挑戦かと……当時の宮廷の乱痴気騒ぎを表したものなんでしょうがなんというかもうこれ宝塚しかできない(笑)。主人公の妹ちゃんかわいいし、秘密警察の3バカもアホ可愛かったし(これはフランス版ではきっと小太りのおっさん……)、ルイ16世のおっとりぶりがザ・国王さまでノーブルだったし、王弟殿は最後まで悪かったし(最後のまとめところに混ぜてもらえないのは一人反省してないからだと思ってたんですが、これは小池修一郎ミュージカルなのでフィナーレの男にならなければいけないというだけというオチでした)、星条さんの鞭さばきは素晴らしかったしで、その他様々な点でみなさんに見どころがあって良いものでした。

お話自体は田舎からパリに出てきた青年ロナンが革命家たちと誼を通じて革命に身を投じることになる中、王太子の養育係オランプとひかれあうものの立場の違いから同じ道を歩むことは難しくて……という展開で、フランス革命前夜が舞台なので、宝塚を嗜んでいるのならだいたい何が起きるかはわかるものの、おお、これ新要素!かっこいい!というあれこれが圧巻でした。一番圧巻なのは、やっぱり一幕最後の合唱のところですよねー。(私の見たことのある)1本ものの小池修一郎作品で一幕最後のところで、初見時に鳥肌が立たなかったものはなかったのですが、今回も例に漏れずの迫力満点のシーンでした。かっこいい!龍さんのスター性でぐいっとひっぱっちゃう、というような展開だったなぁと思うところもあったのですが、総じては「スペクタクル」と銘打つだけある公演で、見応えのある作品だなぁ、と見終わったあとは満足の一作でした。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-月組 / 1789-バスティーユの恋人たち-

Search
Feeds
Meta

Return to page top