Home > お気に入り | 作者名 あ行 | 本の感想 > 偽姫 血族の花嫁と捕食者たち / 藍川竜樹

偽姫 血族の花嫁と捕食者たち / 藍川竜樹

誰よりも男前なケリー家の伯爵令嬢リリアの侍女で遠縁の娘でもあるティナは、成人の儀式の事故でリリアが昏睡状態に陥るのと同時にティナ自身があやまって高位の「守護獣」と契約をしてしまう。ケリー家の存続のため、リリアになりすまして成人の儀式の完了の報告のために王都の公爵との会見に望んだティナだが、ティナが契約した守護獣の貴重さから公爵家の跡取りになるように迫られてしまう。

女性陣がたくましくて楽しいです。

陰陽師モノ、中華ものと続いて今度は西洋風ファンタジーな藍川さんの新作、楽しかったです。前作までは女の子が比較的「物理的」に強いお話だったのですが、今度のヒロイン・ティナは物理的にはごくふつうの女の子で、そして今回は高位の守護獣と契約したとは言うものの、そのあたりの強さはまだまだ未知数です。しかしごく普通とはいいながらも、「ケリー家の侍女」スキルが非常に高くて、侍女スキルのアレコレを駆使しているところが(そして同僚の最強侍女が)楽しかったです。

公爵家の跡取りになることを回避すべく、一族の御曹司たちを集めた「天空城」での見習いの道を選んだティナですが、公爵の婿の座を狙って果敢に挑まれるのをニヤニヤ見守る話かなぁ、と思えばその辺りはちょっとした添え物で、メインは教官役のレギオンと共にトラブルの発生した領地で問題解決、というところでした。守護獣のことや、跡取り問題やら一筋縄ではいかない、割ときつい展開が待ち構えてるんだろうなぁ、想像していましたが、1巻でわりとハードなところがさらっと語られ、この後の展開も結構楽しみ。

ブラコンまっしぐらのレギオンが自分の気持に向き合うのはいつなのかなぁ、とか、ティナはどんどん男前になっていくんだろうなぁ、とか色々楽しみだし、リリア様とレギオンくんの(ティナをめぐる)仁義無き戦いが見たいのではやく復帰してほしいです。

偽姫 血族の花嫁と捕食者たち
藍川竜樹/アオイ冬子
集英社コバルト文庫(2015.04)
amazon/honto

Home > お気に入り | 作者名 あ行 | 本の感想 > 偽姫 血族の花嫁と捕食者たち / 藍川竜樹

Search
Feeds
Meta

Return to page top