Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / ガイズ&ドールズ

宝塚-星組 / ガイズ&ドールズ

星組さんの北翔さん・妃海さんの大劇場お披露目公演のミュージカルを観てきました。ぱーっとあんまり深く考えず観ることができるお気楽コメディでよいものでした。ヒロインちゃんとサブヒロインちゃんかわいい。

何回か宝塚で上演されたブロードウェイミュージカルですが、前回は2002年の公演ということで(まだ目覚めていなかったので)今回初見。ギャンブラーの主人公が「賭け」でキリスト教の熱烈伝道師のヒロインを「落とす」ことになったというドタバタコメディ。北翔さんの二枚目と三枚目を行ったり来たりするかっこよさや、酔っ払いヒロインちゃんがすごくかわいく、天寿さんのノーブルさに動揺したりと楽しいミュージカルでした。
アデレイドさんはすごいなぁ、これは男役さんじゃないとできないわ(笑)。基本的にはかわいいのに、言動の抑えがきかなくなっているおかげで、途中から「これはよし○と新喜劇……」と認識してしまってからそうとしか見えなくなって辛かったです。かわいいんだけど。のらりくらりとかわされてるけど。恋の鞘当てもたのしいんだけど、今回のように組み合わせが確定しててそのなかでどんちゃん騒ぎなのは楽しいです。

とりあえず大体みんな笑いを取っていくのでもう何がなんだかわからなくなってきましたが(そして、話もえ、え?という間に終わってしまった)、細かいことはいいんだよ!という力技で最後のオチに持っていった感がすごくてあっぱれでした。十輝さんのくまちゃんとか、三人組さんの絶妙なコンビネーションとか、間違ったところをアドリブでごまかしてるのかわからなくて、公演序盤でこれなら最後の方はどうなってるんだろう……と底知れないポテンシャルを感じました。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-星組 / ガイズ&ドールズ

Search
Feeds
Meta

Return to page top