Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / エリザベート

宝塚-宙組 / エリザベート

宙組さんのエリザベートを観てきました。エリザベートってなんのかんのとヘビーローテーションだし目新しい演目じゃないしなぁ、でも見とかなきゃなぁと若干テンションが上がり切らないまま見てしまったのですが、OPの音楽聞くと一気にテンションが上って、やっぱりエリザベートはすごいなぁと思っておりました。

宙組のビジュアルが発表されたときから、朝夏さんのトートが今までのトートより人外じみてないなぁという印象だったのですが、朝霞さんトートは黄泉の帝王というより王子様っぽくて新鮮でした(それよりあの写真に「バンコランがいる」という感想を読んでしまっていたので、あ、バンコランかもと思えばバンコランにも見えてしまって非常に困り……)。実咲さんのエリザベートも少女時代からかわいくて、そりゃこれフランツも一瞬で恋に落ちるよなぁ、と納得のエリザベートでした。歌唱力もさすがの安定感で鳥肌モノでした。
そしてフランツ様は、まっとうな、真っ直ぐな好青年でイケメンすぎて直視できなかったです。なんでフランツ様は選択肢を間違い続けるかなー(結婚式の後の舞踏会のあの選択肢がすべての始まり)と思い始めると、すべてバッドエンド回収のための選択肢を選び続けてるようにしか見えない乙女ゲー回路が起動して、フランツ様!ちょっと考えて!と思いました(ただし、イケメンだから許す)。

そしてマダム・ヴォルフのうららさま……すごい、すごい迫力の美人マダムだった……マダム・ヴォルフのコレクションのスペシャルはマダム・ヴォルフ一択でもいいんじゃないかと思うほどのマダム・ヴォルフで、大層満足です。私の座ってたあたりの皆様は、オペラグラスを持つタイミングはバラバラだったのですが。マダム・ヴォルフのコレクションでは一斉にオペラグラスを持ち始めたのにはわかるわぁという気分になりました。マダム・ヴォルフ以外にも見るべきところはたくさんある場面なので気のせいかもしれませんが(笑)。

エリザベートもいいけどチケット取りにくいし、他のも見てみたいなぁーとか思っていたんですが実際見るとやっぱり楽しくて、エリザベートは流石だなぁという演目でした。楽しかった。

Home > 素人の観劇日記 > 宝塚-宙組 / エリザベート

Search
Feeds
Meta

Return to page top