Home > 作者名 な行 | 本の感想 > 杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 / 仲村つばき

杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 / 仲村つばき

伯爵家を守護するハーキュリーズ神の力を取り戻すために日々美味しいご飯を提供し続けるアップルは、久しぶりに実家に戻るがそこで父が出先でアスランというアップルの婚約者を見つけてきていたということを知る。アップルが伯爵家に料理人として奉公に出ているとしか説明を聞いていなかったアップルの父は、そこではじめてアップルがオーガストと結婚していることを告げられるが、すでにアスランはアップルの実家にやってきており……

オーガストが爽やかに卑怯なのが楽しかったです。

シリーズ2巻目で完結編……?かな(Bookwalkerには完結ってかいてあるからたぶん完結)。あいかわらずアップルの作る料理が美味しそうでお腹が空いているときに読むものではないな、と思いました。

アップルの婚約者としてやってきたアスランにアップルを諦めてもらうためのオーガストとアスランの決闘におけるオーガストの卑怯さがよいものでした。流石だなぁ。そして神様の揉め事解決のために決闘におけるアップルの酒豪ぶりも流石だなぁと思いました。酒浸りヒロイン……。アップルの酒浸りぶりは少女小説としてギリギリラインかなぁと感じながらも、不快感が全く無いのですごいなぁと思います。
主役カップルにツンデレ分がない分だけ思わぬところでツンデレ分をカバーしつつ、アップルとオーガストの新婚ぶりがかわいらしく、お好きなだけどうぞ!と外野から無責任に煽りたくなる程のイチャイチャぶりが良いものでした。。。

杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿
仲村つばき/加々見絵里
ビーズログ文庫(2017.04)
amazon/honto/BOOKWALKER

Comments:0

Comment Form
Remember personal info
*

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.atticgarden.net/2017/08/2993/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 / 仲村つばき from 屋根裏物置

Home > 作者名 な行 | 本の感想 > 杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 / 仲村つばき

Search
Feeds
Meta

Return to page top