Home

屋根裏物置

杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 / 仲村つばき

伯爵家を守護するハーキュリーズ神の力を取り戻すために日々美味しいご飯を提供し続けるアップルは、久しぶりに実家に戻るがそこで父が出先でアスランというアップルの婚約者を見つけてきていたということを知る。アップルが伯爵家に料理人として奉公に出ているとしか説明を聞いていなかったアップルの父は、そこではじめてアップルがオーガストと結婚していることを告げられるが、すでにアスランはアップルの実家にやってきており……

オーガストが爽やかに卑怯なのが楽しかったです。

Continue reading

これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~ 1・2/ 青木祐子

入社以来経理一筋の森若沙名子は、過不足なく完璧な人生を送っていると自負していた。イレギュラーのない規則正しい生活を第一とする沙名子だが、彼女のもとにいかにも怪しい経費の精算の申請をもってくる営業部員がいて……

あー、わかるー(経理部じゃないけど)というようなお仕事小説でした。

Continue reading

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず / 石田リンネ

後宮の下位女官・茉莉花は「物覚えがすごくいい」という特技を持ちつつも、周囲に紛れ目立たずことを荒立てないように毎日を送っていた。ある日、女官長から名家の子息のお見合いの練習に付き合うように命じられる。向かった先にいたのは、当初の予定の子息ではなく皇帝の珀陽。混乱しつつもなんとか「お見合いの練習」を続ける茉莉花の特技を知った珀陽は、茉莉花を科挙試験に合格させるために大学に編入させる手配を行って……

後半の茉莉花がかっこよかったです。

Continue reading

ブライディ家の押しかけ花婿 / 白川紺子

ある事件をきっかけに男性不信をこじらせているブライディ伯爵家の令嬢マリーは、社交界にも出ず魔法石の研究に明け暮れていた。ある日、父親がマリーの婿を拾ってきたとデューイと名乗る青年を連れてくる。マリーの婿としてブライディ家に落ち着いたデューイは、事あるごとにマリーに求婚するがマリーはなかなかなびかず……

押せ押せのデューイが最後の最後にたじろいたところが(悶絶)。

Continue reading

おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻 / 石田リンネ

デュークと合流し、父王の救出に成功し王都奪回のための準備を整えたレティは、メルディの作戦に従い二手にわかれてフリートヘルム派との最終決戦に挑む。一方、レティとまだ合流できていない第二席の騎士クレイヴは、フリートヘルム派によってとらわれているレティの他の騎士とレティの同母弟の救出に向かう。

四方丸く収まった大団円に大満足です。楽しかった!

Continue reading

ロマノフ大公女物語 大公の恋文 / 一原みう

18世紀のロシア、ピョートル大帝の娘アンナ公女は偉大な父の庇護の元、妹のリーザとともに宮廷での生活を謳歌していた。ある日、リーザとの真夜中のパーティーのために酒をくすねるために忍び込んだ酒保でであった青年貴族カールは、アンナに求婚するために宮殿に忍び込んできたという。いろいろな思惑が重なりカールと婚約することになったアンナだが、彼がアンナに求婚したのは他に理由があるらしく……

大河ロシアもの、読み応えがありました。

Continue reading

イノシシ令嬢と不憫な魔王 目指せ、婚約破棄! / 秋杜フユ

騎士として生きることを決めた公爵令嬢クロエは、祖父であり宰相である祖父ヨルゴスの護衛騎士として充実して日を過ごしていた。ある日、ヨルゴスとヨルゴスのもう一人の孫で国王の側近のデメトリに請われ、前王を廃し国を立て直した国王アルセニオスの婚約者として王宮に入ることとなる。時期を見て解消される婚約であり、副産物として「婚約解消後は令嬢としての結婚を望めないため騎士として邁進できる」ことに期待したクロエは、喜び勇んで任務にあたるが……

ラブコメと見せかけてシリアスな展開に持っていく展開が相変わらず面白かったです。

Continue reading

暁の王女 名を持たぬ聖女と紫の王 / 白洲梓

エンズレイの第二王女アイリーンは、子どものいなかった王妃の側近夫妻の養女となる。実の両親からも養父母からも愛情を注がれて育ったアイリーンだが、初恋の人である姉の婚約者への恋は叶わなかった。そんな中、王女としても養女としても中途半端な立場から前に進もうと、アイリーンは国家に関係なく負傷者や病人を救う「名もなき聖女」としての活動をはじめる。

全般的に女性陣が強いお話。

Continue reading

聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖 / 長尾彩子

改邪聖省の紅一点として葡萄酒や葡萄酒を使った料理により内から悪魔祓いをするアデリナは、落命後に生き返ったため悪魔憑きとされる第一王子エルヴィンの悪魔祓いのために彼の治める城の料理番として潜入する。早々にエルヴィンに目的がばれたアデリナであったが、エルヴィンに悪魔祓いのための料理を食べさせようと四苦八苦する。

ここへ来て告げ口うさぎの存在感が。

Continue reading

王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録 / 長尾彩子

忌み子として父王からうとまれ、辺境の地で「のんきな王女」を演じつつも領主の仕事をこなし、医術や農作物の研究に勤しんでいる王女ユリアーナのもとに、王から異端審問官のクラウスが派遣される。ユリアーナを監視するために「婚約者」として四六時中ユリアーナに張り付くクラウスに、ユリアーナは辟易しながら毎日を送ることになる。

相変わらず猫(ツッコミ要員)が可愛い。

Continue reading

1 / 18612345...102030...最後 »

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top