Home

屋根裏物置

散財の一日

散財その1
けいたいでんわにてれびがそうびされた!
しかし、つかいかたがよくわからない!

散財その2
ジーパンが疲れてきたので新しいのを買う。セール品を買おうと思ったけどうにゃうにゃしていたらいつの間にか通常価格のものに。
ジーンズは長く使うし、妥協はいかんよ妥協はと自分を納得させる。

散財その3
ゼミの先輩がご結婚なされたというお葉書を頂いてしまった。その先輩には個人的に超お世話になった姐さんなので祝いの品を贈ることにした。何を送ればいいのかよくわからないので、結局某百貨店のカタログギフト的なものでごまかす。便利な世の中に(以下略)。

散財その3
あとはいつも通り。今日はマンガを買った。鋼の錬金術師17巻(アームストロング姉に惚れそうです。どうしよう)と、あと新作らしい獣神演武
最近、マンガ熱が若干復活気味。追いかけているシリーズ以外にもいくつか手を出し始めたりで……スペースが……。

携帯電話は「機種をたくさん変えまくる人ほどお得」という記事を読んで以来心にモヤモヤとしたものを抱えていました。タイミング良く最近の電源ボタン押してないのに電源切れるよという挙動不審っぷりでようやく重い腰を上げることに。昔は36ヶ月以上で○○円とかあったと思うんですけど(いつの時代だ)、この頃は天井が12ヶ月以上なんですかねぇ。テレビ付きでないのでええか、と思っていたけど、ついていないのといるのとで値段変わらなかったのでこの際ということで。
ワンセグもお財布機能もグローバル機能(海外に行く予定ないけど、通話料高っ!)もついてるけど、使いこなせない予感。頑張って帰りの電車でテレビか……。

光の精煉師ディオン 初任務は秘密の修行 / 村田栞

アッシュとフェルナンドと共に無事に”蒼い鷹”に入隊を果たしたディオン。勉強のためにフェルナンドと名門精煉師学校ムセイオンで研修を受けることになる。学校ではディオンをなぜか敵視する兄弟と”学園の五不思議”解明競争を繰り広げることに。この学園の五不思議はどうやらムセイオンの秘密が絡んでいるようで……。

Continue reading

エンドロールまであと、 / 壁井ユカコ

北陸の旧家に生まれた双子の佐々右布子と左馬之助は世にも珍しい一卵性の双子。お陰で病弱に育った右布子は左馬之助に頼り切った生活をしているが、最近左馬之助の態度が素っ気ないことに若干の不満を感じていた。
二人が所属する映画研究会で文化祭に出展するための映画を撮影することになり、右布子は主役を演じることになる。会長の西丸と部員の清野の4人での撮影で、今まで味わったことにない充実感を感じていた右布子だが……。

Continue reading

鋼鉄三国志 呉書異伝 / 妹尾ゆふ子

玉璽を手に入れ、不可思議で強大な力を手に入れた孫策。玉璽を手に入れた後はまるで人が変わってしまったようになった孫策だが、天下統一という野望を叶えることなく暗殺されてしまう。彼の後を継いだのはまだ幼い弟の孫権。孫策に使えていた武将達は、それぞれの思いを胸に孫権をもり立てる。

Continue reading

夏休みの予定

来週夏休みで休日以外にも一日お休み取って、明太子を買いに博多に行くんですが(ウソですごめんなさい。目的はもっと他にあります)、同行人が一日早く撤収することになってしまいました。
飛行機とか宿とか支払い済みでもったいないーこの無駄な旅費持つのなんか私だよ金返せーというのもあるんですが(ケチ)、それよりも何よりも一日というか半日、何して過ごそうと非常に困っております。脳内超適当プランでは、同行人のいる間に太宰府に行ってしまうので、ネタがない。ショッピングモールとかはどちらかといわなくても興味ないしなぁ。
半日かけて最上の明太子を探し求め続けるとか……?

……、何があるんだ(まだ何も調べてないといういつもの行き当たりばったりコース)。教えて、偉い人。

身代わり伯爵の結婚 / 清家未森

パン屋に帰ったのも束の間、またもや兄(と王太子)の呼び出しを受け、身代わり伯爵として登城することになったミレーユ。今度は隣国の女公爵・シルフレイアの婚約者候補として彼女の警護を引き受けることになった。そして、望みもしないのに宮廷の陰謀劇に巻き込まれていくミレーユは……

Continue reading

ヴィクトリアン・ローズ・テイラー あなたに眠る花の香 / 青木祐子

リボンを愛するシャーロックの従妹・リルはリボン作製を依頼するために薔薇色にやってくる。失恋続きのジェインとその恋愛指南をする詩人のすれ違いだらけの恋の行方。見た目はいいけど薄情な舞台役者キースを追いかけるご令嬢の真意とは。何十年前かに街を出て、当時そのままの姿で帰ってきたまるで幽霊のような青年に恋をした少女。そして、クリスとパメラのロンドンでの出会いから旅立ちまでを描いた全5編を収録した短編集。

Continue reading

蝶の大陸~黄金のエミーリア~ / 入皐

人の心によって善にも悪にもなる存在・神魔。その神魔が生み出した”死魔”から国々を守るために設立された神殿騎士団が駐留する神魔門を、伝説の英雄ヴィットーリアの直系の子孫エミーリアが訪れる。幼なじみのルキノと再会したエミーリアは、家族のために剣をあきらめ学問の道を歩もうとするが、死魔に苦しむ人を目の前にその決意は揺らいでいた。

Continue reading

THE DAY Waltz 1 / 前田栄

両親から引き離され、後継者争いの”エサ”として豪華な屋敷で幽閉生活を送っているパウロは、ある日、埃まみれの本を見つける。その本の中から現れたのはミニサイズの≪幽霊もどき≫のフィラレテス。フィラレテスは400年前の錬金術師で、悪魔の書に囚われてしまったという。悪魔の書のマスターに選ばれてしまったパウロは、フィラレテスを本から解放するために400年前の”その日”のプラハで悪魔の書奪還のミッションを実行することになる。

Continue reading

打倒はいいけど

社内団体受験のとーいっくの点数が判明し、同期の仲良しKちゃんが驚異のほぼ満点を達成したらしく、久方ぶりの逸材の登場に周囲で動揺が走っています。Kちゃんところはボスまでもがえらいええ点数やったらしく、ウチの大ボス(みんなの点数を把握できる&Kちゃんとこのボスと同期)がファイティングスピリッツに燃えてしまいました。
Kちゃんに対する我が部署の刺客は同期のお前だっ!とか言われたんですが、Kちゃんレベルにたどり着くのは一生無理だと思います。大ボスのこの発言は私の得点をきちんと確認た上でのものか非常に疑問です。もっと可能性のある人を刺客に仕立て上げないと。
しかし、才能に勝つのは努力しかない、ということでTOEICだけに絞って朝から晩まで大学受験以上に死ぬほど勉強したらもしかするともしかする可能性もなきにしもあらずですが、それにたどり着くにはヒマラヤ山脈ほどの長く険しい道のりが……、絶対に無理だな。

本気で打倒を目指すのなら、「とーいっくの本じゃなくても勉強できるもん」という信念の元、TOEICという名の付く本は大学の時に買った「はじめてTOEIC」系一冊(たぶんコレ)というこの状況をまず何とかしなければいけないような気がしましたが、この時点でやる気がでないので一生無理っぽいです。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top