Home

屋根裏物置

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 / 白川紺子

森の奥で夜葬師に育てられたオフェリアの前に、周辺一帯を治める領主である侯爵ルドヴィークが現れる。侯爵家の当主が代々苦しめられている夜葬師による呪いを解く鍵をオフェリアが持っていると、ルドヴィークはオフェリアを妻として城に迎え入れる。

謎に包まれている夜葬師のお話。

Continue reading

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず / 山本瑤

天才錠前師トマスの養女として育てられたマージはトマス亡き後、店を継ぎ錠前師として独り立ちをする。そんな彼女の前に、鉄道事業で財をなしたアンブローズ伯爵家の若き当主アレックスが現れる。アレックスはマージに遺産相続に絡んだとある金庫を開けるための仕事を破格の報酬とともに提示してきて……

働く女の子と訳あり伯爵様のスチームパンク風味のコバルト文庫、良いものでした。

Continue reading

なりゆき斎王の入内9~比翼の鳥は和を調ぶ~ / 小田菜摘

三条女御に呪詛を仕掛けた犯人に仕立て上げられかけた塔子は、混乱に乗じて熊野に戻る。騒ぎを収めて塔子がすぐに戻れるようにするという明槻の言葉を信じ、塔子は熊野で日々を過ごす。塔子を呼び戻す決定打にかける明槻だったが、都で疫病が流行り始め、事態を収集するために塔子を呼び戻すべきという意見がでてくる。

一番綺麗な着地点にたどり着いたなぁというような最終巻でした。

Continue reading

侍女ですが恋をされなければ窮地です2 / 倉下青

エルヴィラ公女付の侍女から傭兵隊付の侍女になったマリアダは、日々ジルヴァーノから求婚される日々。そんな中、傭兵隊との契約更改に失敗した歴史だけはあるバージリス公国の王太子アージェントが最後の手段としてカファル公国との同盟のため、エルヴィラ姫との結婚を求めてカファル公国を訪れる。テレーザの命でまたしてもエルヴィラに扮し、今回は求婚を断るという仕事をこなすことになったマリアダは、傭兵隊長ジルヴァーノとエルヴィラに特別な関係があることを匂わせてアージェントをかわそうとするが……

今回もテレーザ様がかっこよかった……

Continue reading

重装令嬢モアネット / さき

幼い頃に受けたひどい言葉にひどく傷ついたモアネットは、人目に外見が触れぬよう全身に鎧をまとい、年頃になっても郊外の別宅で一人で生活していた。そんなある日、モアネットが鎧をまとう原因となった元婚約者の王子とそのお付の護衛が現れる。ここ1年で急に不幸体質となった王子にモアネットが呪いをかけているのでは、という疑いを書けられたモアネットだが、そんなことをする理由もないモアネットはなりゆき上、呪いの原因を突き止めるために三人で旅に出ることになる。

全身鎧のヒロインとかもうそれだけで勝ちというような。

Continue reading

骸骨騎士団の、王女に捧げる過剰な忠愛 / 藍川竜樹

政争に破れ、母と一族が承継され温情で生き残った王女ユリアナは、生きるために存在感を消し、与えられた離宮でひっそりと暮らしていたが、彼女を疎む継母の手配で囚われそうになるところを、古風な騎士ルシアンに助けられる。ルシアンは不死の軍団<骸骨騎士団>を率いる騎士で、仕えるべき王族を100年間待っていた。ユリアナを主と定めたルシアンは、ユリアナを表舞台に復帰させるために行動を開始する。

ルシアンのずれた俺様ぶりと、変わっていくユリアナが面白かったです。

Continue reading

虚弱王女と口下手な薬師 告白が日課ですが、何か。 / 秋杜フユ

ルルディ王国の王女アティナは17歳まで生きられないと言われたほど病弱だったが、亡き父王の尽力によりアレサンドリから呼び寄せた薬師ルイスの作った薬によりなんとか生きながらえていた。そんなルイスにいつからか惹かれ、彼への告白を日課にしたいたアティナだが、彼女の17歳の誕生日に国の中央で起きたクーデター騒ぎにより平和な日々終わる。

序盤の展開からコメディ色の強い話かと思ったら壮大な政争劇になってた!

Continue reading

ひきこもり魔術師と社交界の薔薇 それで口説いてないなんて! / 秋杜フユ

社交界の薔薇と讃えられる公爵令嬢ベアトリスだが、彼女にだけ聞こえる「精霊」の声のアドバイスから縁談をことごとくふいにしてきた。そんなある日、街に出たときにさらわれそうになるものの、精霊にベアトリスを助けるように言われたとい魔術師の一族・ルビーニ家のエイブラハムに助けられる。ベアトリスの美貌にも全く反応せず魔術の研究に没頭するエイブラハムに興味をもったベアトリスは精霊のアドバイスに従い美味しいものを持ってエイブラハムの館を訪問するが……

一作目のヒロインちゃんの両親のお話。わりにストレートにラブコメでした。

Continue reading

私の気の毒な婚約者 / 山吹ミチル

伯爵令嬢のクリスティナは第二王子レオンの婚約者だが、クリスティナはレオンには別に想う相手がいるものの政治的な事情で自分と婚約していると思いこんでいる。一方で、レオンは第二王子の婚約者としてクリスティナに様々な知識・教養を身につけることを要求し、それに応えるクリスティナに満足していたが、クリスティナはレオンの心を知らずにいた。

お互いに相手のことを気の毒と思っているなぁと感じたお話でした。

Continue reading

雪公爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 / 白川紺子

兄王から結婚するよう申し渡された侯爵ヴィクトルは、幼い頃から彼に付き従う銀灯師エミリアに自身と偽装結婚をするように命令する。仕える主人からの命令で否とはいえないエミリアは、ヴィクトルへの想いを抱えたままヴィクトルの命令を受け入れ、ヴィクトルとともに王城に向かう。二人の王城滞在中に突如現れた魔物の調査と対応を兄王より命じられたヴィクトルは、エミリアとともに

両片思いのじれじれかんがいいものでした。

Continue reading

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top