Home

屋根裏物置

金藍の守護者~あなたが私の聖王さま~ / 香月沙耶

ルシアの弟ミゲルが行方不明になったという知らせを受け、イザークは守護者たちを連れてルシアの故国オルストンに向かう。ルシアたちが到着したその日にミゲルが発見され、イザークはオルストンの人びとが催すささやかな宴でルシアが育った環境を実感する。

家族以上恋人未満、な微妙な関係がよいものですねぇ。

Continue reading

紫陽花茶房へようこそ~ふたりのための英国式魔法茶~ / かたやま和華

女学生の月子は縁あって銀座の路地裏にひっそり佇む洋館にある「紫陽花茶房」で放課後アルバイトに勤しんでいる。茶房のオーナーはイギリス伯爵家の御曹司で母親が日本人の紫音(自称魔女の孫)。紫音は店にやってくる訳ありの客達を夜のお茶会に誘い、魔法のお茶を振る舞っていき……

北斎(猫)がかわいい。

Continue reading

ガラクタ伯爵の婚約 人形の花嫁の欠けた心 / 瑞山いつき

兄が作った巨額の借金を肩代わりしてもらう代わりにナトライト伯爵家のアダムに嫁ぐことになった伯爵令嬢セラフィーナは、アダムとその家令以外は自動人形しかいないというナトライト伯爵家に辿り着くやいなや自動人形に襲われてしまう。

あら、これはなかなか(好みです)。

Continue reading

ユニコーンの恋文 / 石和仙衣

魔法の鷹ノアが守護する<夢の平原>で花婿を待つ最後の乙女になったカタリアは、ひとり彼女を迎えに来てくれる青年を待っていた。そんなある日、平原にエルダーと名乗る無愛想な青年が迷い込む。すんなりと平原とカタリアの立ち位置を理解したエルダーだが、彼はカタリアを平原から連れ出すつもりはなく、ひとりで現実世界に帰ってしまう。これ以上待ってられないと平原から旅立つことを決めたカタリアは、自分の手で幸せになることを決意する。

これもまたよい少女小説でした!

Continue reading

聖鐘の乙女 太陽の王冠と天空の調べ / 本宮ことは

「フィスハの遺物」に触れたアティーシャは意識を乗っ取られ、ロウエン中を植物で埋め尽くしてしまう。アティーシャを元に戻すため、ネイトはジェッツらとともにアティーシャが立てこもっている聖教会に向かう。

アティは最後までアティでした。楽しかった!

Continue reading

鬼舞 見習い陰陽師と漆黒の夜 / 瀬川貴次

応天門に巣食った、犬蟲の呪いを取り込んだスズメバチを退治しようと陰陽寮が総出でことにあたろうとするが、スズメバチは暴走し、標的となる姫君たちの元に大移動を始めた。道冬、吉昌、吉平、そして晴明らはそれぞれスズメバチと対峙するが……

蘆屋道満さんが思っていたのとだいぶ違う位置づけだなぁ、と。

Continue reading

おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 / 石田リンネ

「夫」探しに本腰を入れはじめたレティは、手始めにナパニア王国の第六王子ソレスとのお見合いを計画する。ソレスとの劇的な出会いを演出するためにナパニアの商船に乗り込んだレティは、乗船した船が軍船と衝突するというトラブルに巻き込まれる。

ノーザルツ公の存在感ったら。

Continue reading

贅沢な身の上 ときめきと巡り逢いの環を胸に! / 我鳥彩子

鳴鳴の素性が明らかになり、手元に残しておきたい皇太后の思惑で早速鳴鳴の縁談が進められることになってしまう。鳴鳴の意思に反してする展開に怒る花蓮は天綸との絶好を申し渡すが、天綸も皇太后に逆らうことができず……

侍女殿と宰相殿が……!(ふたたび

Continue reading

西の末裔 駆けよ、光の果てに集う者 / 村田栞

灰色道士との対決も一段落し、本来の目的である羅刹天像を捨てに出る旅に再出発しようとした青蓮一行の元に、皇帝の寵姫である楊貴妃が何者かにさらわれたという知らせが入る。楊貴妃を助けるために楊貴妃が連れ去られた先と思しき場所に向かう青蓮たちだが……

超特急で終わってしまった……

Continue reading

ギデオンの恋人 / 石和仙衣

裕福な上流階級の令嬢メリッサは、休暇で滞在した伯父の屋敷で見物したサーカスに魅了され、そこでサーカス団員で綱渡りの青年リンドウと、その相棒で人語を解するライオン・ギデオンに出会う。ふたりに会うために毎年伯父の屋敷を訪れていたメリッサは、やがてリンドウとギデオンの秘密を知るが、メリッサの幸せを願うリンドウは……

よいラブストーリーでした。

Continue reading

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top