本の感想, 作者名 ま行桃春花

結婚に向けて着々と準備をすすめるマリエルとシメオンだが、シメオンに背任の容疑がかけられてしまう。シメオンとの連絡が取れなくなる中、なんとかしてシメオンの容疑を晴らそうとマリエルは独自に行動を起こす。

シメオンさんちの弟2人がいい味出してますね……

本の感想, 作者名 ま行桃春花

無事シメオンとの婚約を続けることになったマリエルは、セヴラン王子の婚約者探しを手伝うことになる。セヴランがアタックをかける令嬢ミシェルとの婚約準備が内々に進むことになり、二人の仲を取り持つ事になったマリエルだが、ミシェルはどうやら乗り気でないようで……

マリエルに振り回されるシメオンにご愁傷さまとしか言えない。

本の感想, お気に入り, 作者名 さ行千花鶏

花街で化粧師として働いているダイのもとに、ダイを女王候補マリアージュのお抱え化粧師として迎え入れたいというヒースが訪ねてくる。ヒースの申し入れを受けることにしたダイだが、マリアージュは女王候補の中でも一番女王に遠いと言われる少女であった。

おもしろーい!

本の感想, 作者名 な行仲村つばき

少女漫画好きであることを隠して女子高生生活を送っている一ノ瀬ときわは、父親が経営するアパート「ヒット荘」の前で行き倒れている店子の鈴木桂太を発見する。ときわは桂太に食事をふるまい、彼女が現在一番楽しみにしている少女漫画「恋色ノスタルジック」を書いている漫画家(作画担当)だということを知る。

「恋色ノスタルジック」が読みたい。

本の感想, お気に入り, 作者名 ま行桃春花

趣味と実益を兼ねて人間観察を日々楽しんでいる地味で目立たない子爵令嬢マリエル・クララックに誰もが憧れる近衛騎士団副団長シメオンからの縁談が持ち込まれる。どうして自分にこの縁談が申し入れられたかがよくわからないマリエルだが、近くで美味しい素材を堪能できる役得を満喫するために申し入れを受け入れ、シメオンのかっこよさ(とそこから派生する妄想)に悶絶する日々を送ることになる。

とても楽しいラブコメでした。好き。

本の感想, お気に入り, 作者名 た行辻村七子

リチャードの師匠・シャウルのスリランカの宝石店で大学卒業後にインターンとして宝石商見習いを始めた中田正義は、シャウルに放置されながら、店番かつ自習の日々を送っていた。そんな正義のもとに、リチャードの「兄」ジェフリーからと思われるメールでリチャードを助けるようにという依頼が航空券と豪華客船の乗船券とともに届けられる。

中田正義はやっぱり中田正義だった。

本の感想, 作者名 あ行江本マシメサ

ドラッグストアで働く藤子は長崎の小規模店舗に異動となったが、なれない業務と人間関係とクレーム処理にストレスがたまり、街中で倒れ込みそうになる。通りがかったワンに助けられた藤子はワンのおじが経営しているという薬屋カフェに招待される。

ワンコなワンくんかわいい。

本の感想, 作者名 た行辻村七子

超絶美形で言語オタクのイギリス人リチャードが銀座で営む宝石店で週末バイトを初めた大学生・中田正義は、将来の進路に悩み、就職活動にも取り組みつつ、リチャードのもとで宝石の知識を身に着けて将来の道を模索していた。リチャードの店にはいろんな「宝石」にまつわるトラブルや相談が持ち込まれ、リチャードは宝石に隠された意味や歴史からそれらのトラブルや相談を(図らずながらも)解決していく。

なーかーたーせーいーぎーーーーと思いながら1部を一気に読みました。

本の感想, 作者名 か行久賀理世

ガーランドの先王の遺児エレオノーラは、さびれた古城で幽閉生活を送っていたが、現第二王子ダリウスの花嫁として宮廷に戻ることになる。第一王子・第二王子の婚姻をめぐり陰謀が渦巻く宮廷で、早速エレオノーラを狙った事件が発生する。

両片思いだ~!

本の感想, 作者名 や~わ行・他夕鷺かのう

社会人になって半年、旅行会社に勤める玲美は上司の係長からの執拗なパワハラを受け、上司に殺意しか抱かなくなる段階まで来ていた。自分の業績までかすみ取られるという自体に陥った玲美は、霊験あらたかな縁切り神社にあるお願いをした。(今日は天気がいいので上司を撲殺しようと思います)

ホ、ホラーなんて聞いてない(怖いの嫌い)